学研の家庭教師 タートル先生・資料請求

学研の家庭教師・タートル先生は質の高い安心の家庭教師サービス

学研といえば「模試」や「日本地図」、あるいは「科学と学習」が思い浮かぶ方もおられるかもしれません。
もともと教育関係の出版社である学習研究社と家庭教師業界大手「タートル先生」が提携してできたのが学研の家庭教師です。
規模だけでなく学習指導の質、教務関連のサポート体制に関しても安心できるのが魅力です。

幼児コース、小学生の基礎固めコースや中学受験コース、高校受験のための中学生コース、大学受験のための高校生のコースなどが主なコースですが、それぞれに「苦手科目克服」とか「私立文系」とか、目的別に細分化されています。

さらに、「短期集中で学力アップを図りたい」のか、「進学塾や夏期講習の補習をしたい」のか、「センター試験対策をしたい」のか、それぞれ目的に合わせた家庭教師サービスを提供。
料金は、学年やコース、選択科目などによって変わりますが、ホームページ上で「無料見積り」「無料資料請求」が行えるので便利です。

「家庭教師の料金は安いけれど、高額な教材を最初に買わせる」という業者もあるようですが、学研の家庭教師・タートル先生ではそんなことはないので安心です。
まずは、「無料資料請求」で詳しい内容や料金、対応エリアなどをチェックしてみましょう。

家庭教師のタートル先生

学研の家庭教師・タートル先生にはアルバイト感覚の講師はいない?

時に、専業のプロ家庭教師もいますが、多くの家庭教師が、現役の大学生だったりします。
それは、直接契約の場合でも変わりません。
そして、学研の家庭教師にも現役の大学生は多数登録されていますが、学研の家庭教師には、「登録会」と「面接制度」があります。
これは、学力だけでなく指導力や責任感など家庭教師としての適性をはかるための制度です。
ですから、お子さんの勉強を見ることができない学生や、アルバイト感覚の学生が紹介されることはない、と考えてよいと思います。

さらに、学研の家庭教師は、以下の業務も行っています。

●講師には、保護者への「指導連絡ノート」を義務づけています。
その日に行った内容を必ず保護者の方へ報告することを義務づけています。
これによって、保護者の方も勉強の進み具合を常にチェックすることができます。

●講師には、学研・教務部に対しても毎月の報告を義務づけています。
「指導報告書」「定期ミーティング」「個別ミーティング」のシステムにより、学研・教務部が責任をもって学習プランを設計しています。

このように、現役大学生講師でも責任感と情熱を持ち、クオリティの高い学習指導が行えるようなサポート体制を敷いています。
さらに、受験対策として模擬テストや夏期講習、冬期講習、そして「テスト慣れ」、「会場慣れ」に至るまでもサポート。
偏差値が上がるだけでなく、受験に合格するための総合的な手助けを心がけています。
また、夏休みを無駄にしない夏期講習には、お得なキャンペーンや特別なコースが用意されています。
詳しくは、無料資料請求をどうぞ。

家庭教師のタートル先生

学研家庭教師タートル先生・資料請求メニュー