Tシャツ 仕入れ

Tシャツを仕入れて製品化する

Tシャツはすでにファッションの定番。
そのTシャツですが、「買う」だけではなく、「作って売りたい」という人も少なくありません。
そんなとき、「どこでTシャツを仕入れ」ればよいか悩むところです。
インターネットの質問書き込みサイトなどによれば、「安い量販店を探せばいい」とか「ユニクロでもいいんじゃない」などの口コミもあります。
しかし、ある程度の枚数と「継続性」が見込めるならば、メーカーから直接仕入れるのがおすすめです。
メーカー直販仕入れといっても、そんなに敷居はたかくありません。

メーカーに直接問い合わせはこちらTシャツ仕入れ取引先受付

さて、材料となる無地Tシャツが手に入ったならば、どうやって製品化したらよいでしょう。
一般的なのが、オリジナルデザインをプリントして製品化することです。

Tシャツの仕入れ、どんな製品がある?

無地のTシャツを仕入れるといっても、どんなTシャツがあるのでしょう。

厚手の生地のもの。
薄手の生地のもの。
首が伸びにくいTシャツ。
プリントのインクがのりやすいTシャツ。
吸汗速乾性能のあるTシャツ。

いろいろあるわけです。
「結局は安くて丈夫なのにするさ」
ということであっても、どんなラインアップがあるか一度は見てみたいもの。

「Tシャツ以外にも、こんなに種類あるんだ! えっ、ハッピ?」

そんな発見もあるかもです。

無地Tシャツカタログを見る

Tシャツの仕入れメニュー

Tシャツの仕入れリンク